5163 清水愛海(山口支部) 成長止まらぬ未来の女子エース候補

/
選手情報

ハイレベルな127期の養成所チャンピオンにして次世代の女子の中心選手の最有力と成長を続ける山口支部の清水 愛海選手。

センス抜群の旋回力、転覆を恐れない果敢な攻めを武器に既に同世代の女子選手では抜けた存在へとなりつつあり、今後に向けて今一番注目したい女子選手です。

清水 愛海とは

選手情報


選手情報は以下の通りとなっています。

選手名 清水 愛海(しみず あみ)
登録 5163
生年月日 1999年11月23日
支部 山口支部
出身 山口県
127期
主な同期 登玉 隼百・谷口 佳蓮
師弟関係

補足

特定の師匠が不在には理由として、山口支部はデビューから数年間は師弟制度を作らない替わりに先輩の若手選手が練習やプライベートの面倒を見る決まりが存在します。

このため現在は近い世代の男女選手と切磋琢磨して日々成長を続けています。

 

こんなときに買う

2021年11月の初勝利以降白星を量産している清水選手。

その買い時を見ていく。

3コース戦の器用なレース運びに注目

前付けが無い限りはコースを譲る事が無い選手なので女子戦であれば原則枠番=コースと想定して予想をする事が出来る選手。まだ1~2コースでの番組が滅多に組まれませんがその中で注目したいのが3コース戦。

握って内を強襲する捲りだけでなく先行しようとした艇を差し、その後も抜かれずにレースに勝つ「捲り差し」を既に習得済みで器用なレース運びをすることが出来ます

更に若手選手にありがちな道中のターンを全速で回して膨れてしまうことで着を落とすことはなくスピードを落としながら内を差すことも習得。先輩選手であってもターンが苦手な相手であれば抜き去ってしまい着を上げることも出来ます。

渡辺 優美選手、西橋 奈美選手など女子選手で差し、捲り差しが上手い選手は傾向的に成長するケースが多いですがデビュー数年で既にそれを習得しているというのは今後に向けて大きなアドバンテージであり、成績や知名度の更なる向上と共に増えてくるであろう1コース戦で逃げるレース、2コースでの差しを習得すれば今後は更なる勝率アップが期待されます。

ただし後述でも触れますが、事故点を重ねやすいレースをする選手なので審査期間の前半は積極的に狙っていき、事故点が増えてくる審査期間の後半は軽視をすると買いやすい選手として付き合う事が出来ます

 

現状の課題

養成所時代から抜けた存在でありながらデビューから1年間は未勝利のまま苦しんだ清水選手。

ではその理由とはどこにあるのか?を考えると養成所時代からの課題が浮かび上がります。

転覆女王からの脱却

養成所時代から転覆や落水を人一倍繰り返し「転覆女王」と称されるほどだった清水選手。プロデビュー戦でもいきなりの転覆失格で始まって以来その課題は常に付きまとっています。

転覆失格になれば怪我のリスクはもちろんのこと、モーターやペラに異常を起せば節間の成績を落としてしまったり、事故点の累積により慎重なレースが要求されてしまいどうしても成績を落としていく傾向があります。

2022年の前期は本人も事故点で勝ちきれないレースを繰り返していることに悩んでいたことを明かしており、事故点がリセットされた2022年後期は初勝利を含め11勝をマークした一方で成績審査期間の後半はまたも転覆連発の事故点累積でリズムダウンが始まり、3月の転覆事故以降1ヶ月戦線を離脱してしまった

もちろん若手選手でこれだけ転覆を繰り返すのは養成所時代から言われていたとおり全速でターンをすることを恐れない気持ちの持ち主という証明になっています。トップ選手ながら強気なターンで転覆失格になることもある平高 奈菜選手をどこか彷彿させますが、今後は転覆事故を減らしながら自分のターンを見つけていかなければいけないことが課題であるのは誰の目から見ても明らかといえるでしょう。

 

まとめ


デビュー当初は前評判の期待に応えられず苦しんだ一方で初勝利を皮切りにその実力を発揮し始めた清水選手。

今後成長を続けていけば上位選手との対戦も増えていき何度か壁にぶつかっていくことになりそうですが、その壁を越えたときに次の世代を引っ張る選手になり得る可能性を秘めています。

同支部の先輩であり憧れの存在と語る佐々木 裕美選手が近年は低迷傾向にあるだけに女子のエース格が現在は不在となっている山口支部。その座を数年後に射止めるのはきっとこの選手で間違いないでしょう。

女子戦に強い予想が無料でゲット

難解な女子戦を当てたい人はこのサイトがおすすめ→続きはこちらをタップ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • ツッキー王座決定戦のバナー画像
    展望

    「開設68周年記念 ツッキー王座決定戦」展望

    ツッキー王座決定戦とは ツッキー王座決定戦とはボートレース津の周年記念競走を指す。 2019年の67周年までは「ツツジ王座決定戦」として行われていたが、『令和最初のG1は最後のつつじ賞』と銘打って行われ、2019年8月に […]

  • 展望

    「G1 尼崎センプルカップ(開設69周年記念)」展望

    G1 尼崎センプルカップとは 概要 ボートレース尼崎の周年記念競走。2013年1月開催の60周年記念までは「近松賞」という名で行われており、同年6月開催の61周年より現在の「尼崎センプルカップ」に名称を変更している。 最 […]

おすすめの競艇予想サイト

競艇最新コラム

競艇人気コラム(本日)

▲ PAGETOP