「G1 京極賞 開設71周年記念競走」展望

/
展望

「G1 京極賞 開設71周年記念競走」とは

開催期間

2023年(令和5年)12月10日(日)より、12月15日(金)まで

「G1 京極賞 開設71周年記念競走」ドリーム戦

出典:GⅠ京極賞 開設71周年記念競走(2023)|ボートレースまるがめ

初日(12月10日)第12レース 京極ドリーム枠順

1 原田幸哉 長崎 3779
2 白井英治 山口 3897
3 馬場貴也 滋賀 4262
4 片岡雅裕 香川 4459
5 磯部誠 愛知 4586
6 椎名豊 群馬 4787

2日目(12月11日)第12レース ブルーナイタードリーム枠順

1 松井繁 大阪 3415
2 池田浩二 愛知 3941
3 森高一真 香川 4030
4 吉田拡郎 岡山 4166
5 土屋智則 群馬 4362
6 宮地元輝 佐賀 4445

超豪華なドリーム戦。このドリーム戦出場者の中から、6名が優勝戦に乗るだろうというくらい豪華だ。ドリーム戦は、インの2人が連に絡む。ヒモは展開によって流動的になるので広めに狙え。

「G1 京極賞 開設71周年記念競走」注目選手

馬場貴也(ばば よしや)

出典:https://www.wmb.jp

次節のグランプリのためにスタートはそこまで無理しないだろうが、昨年味わった賞金ランキング2位の屈辱を今年は払拭したいはず。相変わらず、ウィリー走行が決まった時はターンの出口でエグいくらい伸びます。そのためには出足が来ないといけないのでオリジナル展示タイムでチェックしてもらいたい。周り足タイムが出ている時は、普段よりも強めに狙いたい。

池田浩二(いけだ こうじ)

出典:https://www.boatrace.jp

池田選手のイン戦はとても強い。すんなり逃げることも多いが2マークで差し返しての1着も多い。どちらも頭には変わりないが、2マークでの差し返しが決まる時は、出足が良い時が多い。そんな時は4コースくらいまでなら、頭で狙いたい。

白井英治(しらい えいじ)

出典:https://www.boatrace.jp/

今年は残念ながら、グランプリ出場は叶わなかったが、来年に向けても一走一走魂込めて走る。エンジンが極端に出ていなければ無理してスタートは行かないだろうが、そこそこエンジンが出ていれば、今年優勝を10回しているが、G1優勝はまだないので、来年のSG出場権も欲しいだろうから、スタートも行くだろう。準優勝戦に進めそうなペースであれば、積極的に狙え。

宮地元輝(みやち もとき)

出典:https://www.boatrace.jp

福岡ボートレース場で行われた、ボートレースメモリアルは残念な結果だったが、最近走り方が変わったかのような印象を受ける。SG常連の対戦相手から認められてきたのか、以前に比べ、走りやすそうにしている。ここぞという時の前付けやチルトを上げての攻めも魅力の一つだ。

上條暢嵩(かみじょう のぶたか)

出典:https://www.boatrace.jp/

今年は8月に地元、住之江ボートレース場のお盆レースで歴戦の強者の先輩方を破って優勝したくらいから、走りに力強さが出てきた。ターンスピードもあり、エンジンが中堅以上に仕上がれば、外コースからでも、まくり差しでの一撃がある。展示タイムに注目だ。

「G1 京極賞 開設71周年記念競走」注目モーター

モーター

今回使用するエンジンは今年9月25日からの使用で、整備によって急上昇するエンジンもあると思うが、現在出ているエンジンを紹介する。

53号機(S)

勝率6.75優出2優勝0

初降ろしで平池仁志選手が乗った際から、回り足が良く、松尾祭選手が仕上げ、回り足だけでなく、直線も良くなった。オリジナル展示データに注目だ。

17号機(A+)

勝率6.47優出3優勝0

初降ろしで北村征嗣選手が乗った際から伸びがすごく良く、伊藤尚汰選手が乗った際はペラが完全に合い、エグい伸びをしていた。最近はそこまでではないがまだ伸び型だ。ペラ巧者が乗ればかなりの楽しみなエンジン。

49号機(A+)

勝率6.47優出1優勝0

回り足が良いエンジン。廣瀬篤哉選手が乗った際は5.37秒と破格な平均周り足タイムを出した。クルッと回れるので接戦にも強い。頭で抜けると言うよりは2、3着で買いたいエンジンだ。

15号機(A)

勝率6.45優出1優勝1

平均的に良いエンジン。ここが特徴というのはないが、誰が乗っても平均以上は出ている。伸びが良くなれば、少し出足が落ち、逆に、出足が良くなると伸びが少し落ちるので、バッチリ合わせられれば両方きて、かなり楽しみなエンジンだ。

33号機(A)

勝率6.30優出1優勝1

市橋卓士選手が優勝したエンジン。この時には出足、回り足が強烈に仕上がっていた。ポテンシャルがかなり高いので、この時位まで仕上げられれば、かなり楽しみなエンジン。

ストロング的中情報



無料情報実績




日付 03月01日(金)
レース数 津10R
結果 5-1-6
倍率 22.6倍

有料情報実績




日付 02月20日(火)
レース数 びわこ9R
結果 3-6-4
倍率 389.5倍

⇒LINE友達登録!
予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で250ptをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!

 

 

「G1 京極賞 開設71周年記念競走」豆知識

地元選手


地元からは8名の選手が出場。年末のグランプリ向けて、賞金の上積みしたい選手は普段よりもスタートを頑張りそうで注目したい。

地元、香川支部からは2名ピックアップしたい。

片岡雅裕(かたおか まさひろ)選手

今年はあまり目立ってなかったが、11月の三国ボートレース場で行われたSG チャレンジカップで優勝した。しかし実はこの優勝の前にもG1の優勝戦に3回乗っていたり、尼崎ボートレース場で行われたG2 ボートレース甲子園で優勝していたり、地力は確実に上がってきていた。そこでの2回目のSG優勝。さらに賞金を上積みさせるためにもしっかり走る。

重成一人(しげなり かずひと)選手

以前の強い、重成選手が戻ってきている感じがする。特にイン戦での強さは目を見張るものがある。イン戦は黙って頭で狙え。伸び方のエンジンやチルトを上げている時は、ダッシュからでも一撃があるので、ここも頭で狙いたい。

「SG 第70回ボートレースダービー」の予想を連日無料で公開。

ボートレース丸亀の特徴

基本データ

所在地:香川県丸亀市富士見町4丁目1−1
開場:1952年(昭和27年)
電話投票コード:15#
モーター:ヤマト331型(交換時期:11月頃)
ボート:ヤマトYM-730型(交換時期:7月頃)
開催:ナイターレース
水質:海水
干満差:あり
チルト角度:-0.5、0、+0.5、+1.0、+1.5、+2.0、+3.0

ボートレース丸亀の水面特性

ボートレース丸亀の水面図

引用元:ボートレース公式サイトより

丸亀ボートレース場の競走水面は。海水で潮の満ち引きがレースに大きな影響を与える。

風向きは1年を通して北からの向かい風。特に冬場は季節風の影響でひときわ風が強く、」しかも天候の変わり目は時折追い風が吹くので要注意だ。

広さは全国的に見ると中くらいで、ターンマークの移動により「思い切りの良いレースができる」と、選手間では好評。決まり手も、まくり、差し、逃げと多彩なレースが楽しめる。

コース別入着率

1コースの1着率はそんなに高くない。その分、2〜4コースの1着率が高く、エンジンなりに連に絡みそうだ。6コースの2連対率はかなり低く、あっても3着があるかどうかで考えた方がいいだろう。5コースが1着時は、ほぼ、まくり差しなので、内側が残るので、1、2コースは残して買え

 

ZONE的中情報




無料情報実績




日付 03月01日(金)
レース数 唐津12R
結果 1-5-3
倍率 37.5倍

有料情報実績




日付 03月01日(金)
レース数 津8R
結果 2-3-1
倍率 127.9倍

⇒LINE友達登録!

予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で200ptをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!
 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 赤城雷神杯
    展望

    「赤城雷神杯(開設65周年記念)」展望

    赤城雷神杯とは 概要 ボートレース桐生の周年記念競走。2000年以降では9月に開催されたことが11回と最多。 その他でも5月から11月と冬から早春の強い季節風「赤城おろし」の時期を避ける形で毎年開催されている。 ナイター […]

  • 選手情報

    4849 森田太陽(滋賀支部)個性全開の旦那を支える個性派ガール

    支部長の馬場 貴也選手、史上初の女子レーサーによるSG優勝を果たした遠藤 エミ選手、その独自のトレーニング理論で現在脚光を浴びる丸野 一樹選手など小規模組織ながら近年脚光を浴びる滋賀支部。 その中でも「ローリングシースー […]

  • 峰竜太
    コラム

    競艇選手のYouTubeチャンネル【YouTuber】

    テレビに負けず劣らずの市民権を得つつあるYouTube。TwitterやインスタグラムなどのSNSを使っているボートレーサーが非常に増えた昨今。 今回はYouTubeにて動画を配信しているレーサーで兼Youtuberを紹 […]