周南に輝く一等星!井本昌也を徹底分析

/
選手情報

 

同期の佐々木 完太選手と同じ、山口支部で活躍する、将来楽しみなレーサー。

両者は師匠を吉村正明選手、まったく同じ環境に身を置いている。どちらが先に出世するかを予想するのも楽しみだ!

プロフィール

 

名前 井本昌也(いもとまさや)
生年月日 1997年3月28日生まれ
血液柄 O型
登録番号 4985
支部 山口支部
120期
師匠・弟子 吉村正明

 

デビュー日は2017年5月2日。

徳山ボートレース場で行われた、一般戦、初日10レースに6号艇で出走。気合いのコンマ09のスタートでしたが、6着でした。

 

経歴

 

小学校から高校までサッカーをやっていた。高校時代に友達にボートレース場でやっている、ペアボート試乗会に誘われたが、まったく興味がなく、渋々ついて行ったそうです。

しかし、1度ボートに乗ると、すごく楽しく、その帰りには、試験対策のために握力マシンを買うくらいにハマってしまいました。その後、家族に選手になることを伝えたそうです。

 

記録

・初勝利水神祭~2017年9月1日に大村ボートレース場で行われた、一般戦の4日目6レースに6号艇で出走。6コースからコンマ18のスタートでまくり差しを決め、待望の初勝利をモノにした。5号艇の君島秀三選手が攻めて行き、それに乗って、見事な攻めを見せてくれた。この時の配当は3連単で42,420円の配当となった。

・初優出~~~~2020年10月5日に浜名湖ボートレース場で行われた、一般戦にて、4号艇で初優出。レースは1号艇の河合佑樹選手が断然の人気。4コースから果敢に攻めたが、結果は惜しくも2着だった。その後、7回優出しており、もうすぐ初優勝してくれるだろう。

 

ストロング的中情報



無料情報実績




日付 06月13日(木)
レース数 福岡1R
結果 1-6-3
倍率 43.3倍

有料情報実績




日付 06月05日(水)
レース数 江戸川7R
結果 4-3-6
倍率 87.6倍

予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で250ptをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!

 

ZONE的中情報




無料情報実績(8点で特大配当)




日付 05月29日(水)
レース数 三国11R
結果 4-1-6
倍率 226.6倍

有料情報実績(15点で2万舟!)




日付 06月11日(火)
レース数 戸田8R
結果 2-1-5
倍率 283.9倍

⇒LINE友達登録!

予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で200ptをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!
 

GALAXY的中情報




無料情報実績




日付 06月11日(火)
レース数 三国12R
結果 3-2-1
倍率 37.2倍

有料情報実績




日付 05月30日(木)
レース数 浜名湖6R
結果 2-6-1
倍率 67.1倍

⇒LINE友達登録!

予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で最大10万円分のポイントをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!
 

 

エピソード

上記にもありますが、佐々木完太選手が同期、同県、師匠まで同じという、ライバル関係にあります。2人とも優秀で養成所のチャンプ決定戦でも競い合いました。この時のチャンプは馬野耀選手でした。

今のところは佐々木完太選手の方が、G2優勝を含め、優勝2回。SG、G1にも出場と差が開いてますが、井本選手の技量は確実にアップしています。特にイン戦の上手さは目を見張るものがあり、1号艇の時はかなりの信頼が置けるようになっています。握りっぷりも良く、一般戦では、4コースまでなら、舟券に絡み、準優勝戦にはコンスタントに進める位の実力をつけています。今後が楽しみな選手です。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 展望

    「開設66周年記念 G1 江戸川大賞 」展望

    江戸川大賞 とは 概要 ボートレース江戸川の周年記念競走。2009年までは6月から8月の真夏に開催されることが多かったが近年では冬・夏・秋と徐々に開催時期にバラつきが見られた。今年は2019年に続き1月開催との年2回の周 […]

  • 尼崎センプルカップ
    展望

    【G1】「開設68周年記念 尼崎センプルカップ」展望

    尼崎センプルカップとは ボートレース尼崎の周年記念競走。かつては近松賞の名称で行われていたのもあって、ほぼ毎回1月の開催となっていたが、2013年1月の開設60周年の近松賞を最後に現在の名称に変更された。なんといっても最 […]

  • チャレンジカップバナー画像
    展望

    【SG】「第23回チャレンジカップ」展望

    チャレンジカップとは 1990年代には売上が2兆円規模に迫っていたが、その後1兆円を下回るなど売上が低迷していたボートレース。 グランプリに繋がるレースを制定し売上の打開策とするため1998年に第1回大会が開催された。 […]