「G1 宮島チャンピオンカップ開設70周年記念」展望

/
展望

「G1 宮島チャンピオンカップ開設70周年記念」とは

開催期間

2024年(令和6年)6月9日(日)より、6月14日(金)まで

 

「G1 宮島チャンピオンカップ開設70周年記念」 ドリーム戦

 

初日(6月9日)と2日目(6月10日)にドリーム戦が行われる。

初日(6月9日)第12レースドリーム戦枠順

出典:ボートレース宮島

1 毒島誠 群馬 4238
2 松井繁 大阪 3415
3 菊地孝平 静岡 3960
4 山口剛 広島 4205
5 西山貴浩 福岡 4371
6 片岡雅裕 香川 4459

 

2日目(6月10日)第12レースドリーム戦枠順

出典:ボートレース宮島

1 石野貴之 大阪 4168
2 上平真二 広島 3737
3 原田幸哉 長崎 3779
4 馬場貴也 滋賀 4262
5 篠崎仁志 福岡 4477
6 深谷知博 静岡 4524

豪華なメンバーによる、ドリーム戦が行われる。両日とも、インに構える、毒島選手、石野選手が頭を取る確率が高い。宮島ボートレース場の連争いは2コース、3コースが絡むことが多い。スタートで出し抜けなければ内側で決まりそうだ。

「G1 宮島チャンピオンカップ開設70周年記念」 注目レーサー

ここからはG1 宮島チャンピオンカップ開設70周年記念の注目レーサーを紹介。

毒島誠(ぶすじま まこと)

出典:https://www.boatrace.jp/

3月に戸田ボートレース場で行われた、SG ボートレースクラシックで優勝し、先月のSGオールスターでも優出6着で現在、賞金ランキング1位。コース取りに積極的には行かないがピット離れがよいとコースを取ってくる。展示でのピット離れがよさそうなら、本番レースで1つか2つ内側に入ることもあるので、外コースの時ほど積極的に舟券に絡めたい。スタートも見えている時は、ガツンと0台で行くので頭で狙え。

松井繁(まつい しげる)

出典:https://www.boatrace.jp

最近、優勝戦には乗るが、優勝していない、松井選手だが闘志は衰えていない。いつも虎視眈々とレースをしている。特にイン戦は信頼の一手だ。最近、1コース以外はなかなか1着がないがしぶといレース運びで舟券に絡んでいる。若手の選手のスピードに負けることがあるため、舟券に絡むとオッズがよいので穴党の方は要チェックだ。

上條暢嵩(かみじょう のぶたか)

出典:https://www.boatrace.jp/

SGこそ結果が出ていないが、G1では3回優勝していて、大阪支部の次代の若手ナンバーワンの座を獲得している。イン戦は黙って頭で勝負だ。4コースまでなら高確率で舟券に絡むので連争いからは外せない。エンジン出しも年々上手になってきているので、節の前半から狙え。

田村隆信(たむら たかのぶ)

出典:https://www.boatrace.jp/

最近なかなかエンジンが出ていないことが多い、田村選手だが、テクニックではまだまだ負けていない。どうしたら勝てるかを常に考えて毎レース臨んでいる。展示でよいタイムが出ている時はもちろん狙い目だが、タイムが出ていない時でも、まくり差しが狙える選手だ。3コース、5コース時は穴狙いとしてぜひ覚えておいてほしい。

「G1 宮島チャンピオンカップ開設70周年記念」 注目モーター

モーター

現エンジンは2023年10月17日から約8ヶ月使用し、だいぶエンジン差が出てきた。今回は勝率の良い、エンジンを紹介する。

39号機(S)

勝率6.39優出7優勝1

初降ろしから、行き足がかなり良かったエンジン。山本隆幸選手、船岡洋一郎選手と立て続けにA1級が乗り、良い状態をキープしていた。しかし、温水パイプが着いてから少し弱くなった。温水パイプが外れてからまたかなり良くなっていて、ここ3節連続で優出している。このエンジンに乗る選手は初日から注目したい。

15号機(A+)

勝率6.31優出5優勝2

水温が高くなってきてから、調子の良いエンジン。ここ最近かなり上り調子で、整備が上手で早い選手が乗れば、節一までもっていけそうな雰囲気を感じる。前節も周り足が仕上がっていて、初日から狙いたいエンジンだ。

73号機(A+)

勝率6.24優出6優勝2

レディースオールスターで守屋美穂選手が優勝したエンジン。周り足だけでなく、全体的にパワーがある。このエンジンも初日から出ていきそうで要チェックだ。

11号機(A -)

勝率6.19優出3優勝1

全体的にポテンシャルが高いエンジン。特に伸びが良い。B級選手が乗っても特に大崩れしないところからみても素性が良いのであろう。伏兵が乗った時は、外コースの時に狙いたいエンジンだ。

29号機(A -)

勝率6.03優出4優勝0

初降ろしから、周り足が良かったエンジン。冷え込みが強くなってくると伸びも良くなる傾向がある。今年に入ってから、優出は4回している。周り足がよく、差しに向いているのでテクニックのあるベテランが乗ると怖い存在になりそうだ。

ストロング的中情報



無料情報実績




日付 06月13日(木)
レース数 福岡1R
結果 1-6-3
倍率 43.3倍

有料情報実績




日付 06月05日(水)
レース数 江戸川7R
結果 4-3-6
倍率 87.6倍

予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で250ptをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!

 

 

「G1 宮島チャンピオンカップ開設70周年記念」豆知識

地元選手

地元からは8人が出場。山口剛選手を筆頭に地元水面で優勝を狙う。宮島ボートレース場は干満差があるので地元の利が大きい。特に初日、2日目は地元勢を狙いたい。

辻栄蔵(つじ えいぞう)

昨年のこの大会では惜しくも優勝戦4着だった。宮島では常に快速仕立てなイメージがあるくらい、宮島ボートレース場の走りは誰よりも熟知している。2021年のSG チャレンジカップ以降、記念で優勝していないが、地元宮島なら一発やってくれるだろう。

浜先真範(はまさき まさのり)

昨年、宮島ボートレース場で2回優勝していて、今年のG1 地区戦では優勝戦優勝戦3着で宮島の走りが年々よくなってきている。イン戦だけでなく、3コース〜5コース時のまくり、まくり差しが鋭くなっている。今節もどこかで穴を出してくれそうなので、展示で周り足がよい時は狙いたい。

「G1 宮島チャンピオンカップ開設70周年記念」の予想を連日無料で公開。

ボートレース宮島の特徴

基本データ

所在地:広島県廿日市市宮島口1丁目15−60
開場:1954年(昭和29年)11月1日
電話投票コード:17#
モーター:ヤマト331型(交換時期:3月頃)
ボート:ヤマトYM-730型(交換時期:3月頃)
開催:デイレース
水質:海水
干満差:あり
チルト角度:-0.5、0、+0.5、+1.0、+1.5、+2.0、+3.0

 

ボートレース宮島の水面特性

ボートレース宮島水面図

出典:http://www.boatrace.jp/

水質は海水で、チルト角度は-0.5から+3.0まで使え、多様なレーススタイルが見られる。水面は潮位の差が大きく、干潮時は静かな水面だが、満潮時はうねりが出て、難しい水面へとガラリと変わる。満潮時は追い潮になり、インが有利。干潮時は逆に向かい潮になり、アウトが有利になる。

コース別入着率

イン1着率が55%ないので、極端にインが強いということはない。まくりに潰されると、イン残りが少なそうだ。インが逃げれば、2コースが差して3、4コースが捌いて連に入ることが多い。5コースのまくり差しが、他場より多く、2、3着で狙いたい。

 

ZONE的中情報




無料情報実績(8点で特大配当)




日付 05月29日(水)
レース数 三国11R
結果 4-1-6
倍率 226.6倍

有料情報実績(15点で2万舟!)




日付 06月11日(火)
レース数 戸田8R
結果 2-1-5
倍率 283.9倍

⇒LINE友達登録!

予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で200ptをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!
 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 第67回 G1·九州地区選手権
    展望

    【G1】「第67回 九州地区選手権」展望

    九州地区選手権とは 概要 九州地区である福岡支部、佐賀支部、長崎支部の3地区5場の選手によって争われる競走。開催場はその地区のボートレース場で持ち回りとなる。通常2月に開催され、優勝者には翌月のボートレースクラシックの出 […]

  • 展望

    「第68回ボートレースダービー 」展望

    ボートレースダービー とは 概要 第1回大会は1953年という歴史ある大会。ボートレーサーを志した選手や若手選手ではダービーを制すことを夢にしている選手も少なくない。正式名称である「全日本選手権」という名で2013年度ま […]

  • 第64回 G1·中国地区選手権
    展望

    【G1】「第64回 中国地区選手権」展望

    九州地区選手権とは 概要 中国地区である岡山支部、広島支部、山口支部の3地区4場の選手によって争われる競走。開催場はその地区のボートレース場で持ち回りとなる。通常2月に開催され、優勝者には翌月のボートレースクラシックの出 […]