「G1 オールジャパン竹島特別開催69周年記念競走」展望

/
展望

「G1 オールジャパン竹島特別開催69周年記念競走」とは

開催期間

2024年(令和6年)6月8日(土)より、6月13日(木)まで

 

「G1 オールジャパン竹島特別開催69周年記念競走」 ドリーム戦

出典:ボートレース蒲郡

初日(6月8日)第12レース ドリーム戦枠順

初日(6月8日)にドリーム戦が行われる。

1 池田浩二 愛知 3941
2 白井英治 山口 3897
3 峰竜太 佐賀 4320
4 桐生順平 埼玉 4444
5 井口佳典 三重 4024
6 磯部誠 愛知 4586

 

イン戦得意な、池田浩二選手の頭で固い!連争いの軸は3コースから、まくり差しで追走する、峰竜太選手が2着。差して追走する、白井英治選手、桐生順平選手が3着争いになりそうだ。

「G1 オールジャパン竹島特別開催69周年記念競走」 注目レーサー

ここからはG1 オールジャパン竹島特別開催69周年記念競走の注目レーサーを紹介。

峰竜太(みね りゅうた)

出典:https://www.boatrace.jp/

5月に多摩川ボートレース場で行われた、SGボートレースオールスターで弟子の定松勇樹選手がイン逃げでSG初優出、初優勝を成し遂げた。それをピットから見て大感激し、本人よりも泣いていた。その後のコメントで「弟子と年末のグランプリにあらためて出場したい」と言っていた。現在、賞金ランキング6位で、このまま順調なら、グランプリ出場は大丈夫だろうと思われるが、フライングなどで出場できないSG、G1も出てくる可能性があるので、早めにもう一つSG、G1を獲り、確定させたいだろう。

イン戦時は基本的に頭で狙い、3、5コース時はまくり差しで、どこまで迫れるかの見極めが大事だ。

白井英治(しらい えいじ)

出典:ボートレース下関

昨年の鬱憤を今年は、はらしたいと思っているが、フライングなどもあり、次回出場できるSGも7月のオーシャンカップまでない。そうなるとG1で賞金を稼がないといけないので今節にも気合いを入れているはず。リズムはあまりよくないが、テクニックに陰りはない。エンジンさえ、普通以上なら、活躍すること間違いない。

江口晃生(えぐち あきお)

出典:https://www.boatrace.jp/

強烈な前付けで内コースを取りにいき、スタートを決めて差しで攻めるイメージの江口選手だが、2コース時には意外とまくりにいくこともあり、大波乱を起こすこともある。出足、行き足を仕上げられている時は積極的に舟券に絡めたい。

守田俊介(もりた しゅんすけ)

出典:https://www.boatrace.jp/

今年4月30日に締め切られた、来期適用勝率で1位を獲得。今年だけでも7優出、5優勝。優出した7つ全て得点トップからの1枠という偉業を成し遂げている。G1の優勝戦は2020年の10月から遠ざかっているが今の勢いなら、何かをやってくれそうな雰囲気だ。5月にフライングを切っており、スタートには一抹の不安があるが、そこさえ気をつければ今節も活躍するだろう。

「G1 オールジャパン竹島特別開催69周年記念競走」 注目モーター

モーター

現エンジンは2023年7月7日からの使用で、かなり優劣の差が出ている。勝率のよい優秀なエンジンを紹介する。

62号機(S)

勝率7.28優出10優勝3

唯一7点代の超エースエンジン。このエンジンを引いた選手がまず優勝候補になる。山崎郡選手が乗った際には伸び仕様にしたことも有賀、伸び、行き足が抜群に良かった。1着回数も他を圧倒していて、暑くなってくる今時期でも期待大だ。

38号機(A+)

勝率6.47優出8優勝1

勝率2位のエンジン。温水パイプが着いてガラッと変わり、伸び足が極端に良くなった。今、良い状態なので初日から狙ってみたいエンジンだ。3コースから5コースで乗る機会があれば穴狙いで面白そうだ。パイプが外れて不安要素もあるが、現状はよさそうだ。

68号機(A+)

勝率6.30優出6優勝1

伸びが抜群によいエンジン。しかし、周り足はあまりよくなく、選手のコメントで「乗りにくい」と、操縦性に一抹の不安があるが、パンチ力があり、外コースからの一発がありそうで要注目だ。

51号機(A -)

勝率6.13優出5優勝0

秋口からジワジワと良化してきていて、周り足が特によいエンジン。出足もよく安定感があり、大崩れをあまりしない。ピット離れがたまに悪い時があるので、展示の際の飛び出し方は要確認が必要だ。

26号機(A -)

勝率6.09優出6優勝0

今垣光太郎選手の整備が当たり、そこから良い水準をキープしているエンジン。周り足が良く、内向きなのでイン戦の場合は頭で勝負したい。パワーがあり、ポテンシャルも高い。

ストロング的中情報



無料情報実績




日付 06月13日(木)
レース数 福岡1R
結果 1-6-3
倍率 43.3倍

有料情報実績




日付 06月05日(水)
レース数 江戸川7R
結果 4-3-6
倍率 87.6倍

予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で250ptをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!

 

 

「G1 オールジャパン竹島特別開催69周年記念競走」豆知識

地元選手

地元からは10名の選手が出場。

池田浩二選手を筆頭に赤岩善生選手、平本真之選手、磯部誠選手とどの選手が優勝してもおかしくない実力者揃いだ。勝手知ったる地元水面で、エンジン次第では大本命になる。

地元、愛知支部からは2名ピックアップしたい。

池田浩二(いけだ こうじ)

今年に入って、当地は2連続優勝もしていて、優勝候補の大本命だ。最近は整備が当たることが多く、テクニックだけでなく、エンジン出しでも一歩リードしている感がある。ドリーム戦も1枠なので初日から目が離せない。

赤岩善生(あかいわ よしお)

今年2月に当地で行われた、東海地区選手権でも優出4着。G1をコンスタントに優勝しているイメージだが、実は2018年からG1の優勝がない。そうなるとやはり地元のG1は普段以上に気合いが入るだろう。外コースの場合は前付けで3、4コースまで入ってくる。出足を仕上げれれば、前付け時にも連争いができる。出足、行き足の調整が上手くいくかが鍵だ。

「G1 オールジャパン竹島特別開催69周年記念競走」の予想を連日無料で公開。

ボートレース蒲郡の特徴

基本データ

所在地:愛知県蒲郡市竹谷町太田新田1−1
開場:1955年(昭和30年)8月13日
電話投票コード:07#
モーター:ヤマト331型(交換時期:5月頃)
ボート:ヤマトYM-730型(交換時期:5月頃)
開催:ナイターレース
水質:汽水
干満差:なし
チルト角度:-0.5、0、+0.5、+1.0、+1.5、+2.0、+3.0

ボートレース蒲郡の水面特性

ボートレース蒲郡の水面図

出典:ボートレース公式サイトより

 

蒲郡ボートレース場は汽水で干満差がない。1マークのバック側は全国一の広さで、握って回れる全国有数の高速水面。風の影響も少なく穏やかな水面であるため、スピード戦が繰り広げられる。

年間を通じてナイター開催。インが強いが、センターからのまくりも効き、多彩なレース展開が見られる。2マークでの逆転も多く、迫力あるレースが多い。

コース別入着率

外からのスピードある攻めが出来るため、他場より、1コースの1着率が低い。特に3コースのまくり一撃やまくり差しが決まることも多く、2コースの入着率が低い。

5コースの3着率が高く、3着付で狙うと妙味有り。インが逃げて、5号艇が3着の場合、平均配当が2,000円近い。

 

ZONE的中情報




無料情報実績(8点で特大配当)




日付 05月29日(水)
レース数 三国11R
結果 4-1-6
倍率 226.6倍

有料情報実績(15点で2万舟!)




日付 06月11日(火)
レース数 戸田8R
結果 2-1-5
倍率 283.9倍

⇒LINE友達登録!

予想の買い目を推奨通り購入で高配当獲得に誰でも成功できます。

▼手順は3つ
① 下記画像をタップ。
②LINE友達登録。
③届いたLINEを開く。


無料登録で200ptをゲット!そのポイントを利用すれば初回の有料プランは0円!
 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 展望

    「G1 第67回近畿地区選手権競争」展望

    「G1 第67回近畿地区選手権競争」とは 開催期間 2024年(令和6年)2月9日(金)より、2月14日(水)まで 「G1 第67回近畿地区選手権競争」ドリーム戦枠順 初日(2月9日)第12レース ドリーム1st枠順 出 […]

  • 展望

    「P G1 第9回 ヤングダービー」 展望

    ヤングダービーとは 概要 2014年に第1回が行われている若手選手が目標するレースの1つ。 前身の新鋭王座決定戦がデビュー6年以下の選手によるスター街道への登竜門的レースであったが、ヤングダービーでは前提条件が30歳以下 […]

  • 展望

    「G1 第67回四国地区選手権競走」展望

    「G1 第67回四国地区選手権競走」とは 開催期間 2024年(令和6年)2月11日(日)より、2月16日(金)まで 「G1 第67回四国地区選手権競走」ドリーム戦枠順 初日(2月11日)第12レース スマイル君ドリーム […]