11月1日より男子選手の最低体重基準値を引き上げ

/
コラム

現行の51.0kgを52.0kgに変更

最低体重基準値を引き上げニュースの画像

※ボートレース公式サイトより出典

11月1日以降を初日とするレースから、男子レーサーの体重基準が51.0kgから52.0kgに引き上げられる事となった。

広報によると、現在の選手平均体重は約54.0kgとなっており、男子選手の平均体重と最低体重の乖離が大きく、男子選手の健康維持ならびに進退能力の発揮による事故防止を目的として施行される運びとなったようだ。
なお、女子選手の最低体重基準は変わらない。

最低体重基準値を引き上げ概要

最低体重基準値
現行 適用後
男子選手 51.0kg 52.0kg
女子選手 47.0kg 47.0kg
男女差 4.0kg 5kg

 

適用開始

令和2年11月1日以降を初日とする競走より適用

対象競走

適用以降の全ての競走

最低体重基準値を引き上げで選手への影響は?

現行から1.0kgの引き上げということで多大な影響を与えるとは考えにくいとも取れるが、これは年齢差によって感じ方は異なるだろう。
長年、51.0kgでコンディションを整えてきたベテランレーサーや、食べてもなかなか太らない選手だっているはず。
先日、引退したレジェンド、今村豊氏も「無理に食べるのが苦痛で仕方ない」とコメントしていたのは記憶に新しい。

そして、なぜこのタイミングでの施行なのだろうか?
一流レーサーともなれば適用後もコンディションはしっかり作ってレースに挑んでくるだろうが、八百長問題の対応然り、相変わらずボートレース界の上層部の方針には疑問を感じさせられる事ばかりである。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 東京ベイカップ
    展望

    「開設66周年記念 トーキョー・ベイ・カップ」展望

    トーキョー・ベイ・カップとは ボートレース平和島の周年記念競走。開催時期はまばらである。 他の周年の傾向とがらりと変わって、過去10年では優勝戦の1コース優勝は4回のみ(65周年の下出選手は1枠だが2コースからの優勝)と […]

  • チャレンジカップバナー画像
    展望

    【SG】「第23回チャレンジカップ」展望

    チャレンジカップとは 1990年代には売上が2兆円規模に迫っていたが、その後1兆円を下回るなど売上が低迷していたボートレース。 グランプリに繋がるレースを制定し売上の打開策とするため1998年に第1回大会が開催された。 […]

  • エンジン
    コラム

    【競艇】ボートレースのモーター(エンジン)について

    ボートレースはモーター(エンジン)がすべて 去る2015年の競艇・ボートレース業界を賑わせた話題といえば、新型モーター「ヤマト331型(低出力エンジン)」の導入だろう。 331型は以前の321型と比べると、最大出力→1馬 […]

おすすめの競艇予想サイト

競艇最新コラム

競艇人気コラム(本日)

▲ PAGETOP