【G1】「第64回 近畿地区選手権」展望

/
展望
G1·近畿地区選手権

近畿地区選手権とは

概要

近畿地区である福井支部、滋賀支部、大阪支部、兵庫支部の4地区の選手によって争われる競走。開催場はその地区のボートレース場で持ち回りとなる。通常2月に開催され、優勝者には翌月のボートレースクラシックの出走権が与えられる。

近畿地区には選手数も多く、SGクラスの超豪華メンバーが属する大阪支部や、近年、守田選手や馬場選手、丸野選手らで注目の高まる滋賀支部、個性派の多い福井支部に、粒ぞろいの兵庫支部と選手層は厚め。よってA1選手のみによって争われることがほとんどだ。

直近10年のうち、住之江と三国で行なわれた近畿地区選手権ではいずれも地元選手が優勝を飾っている。ボートレース三国はこの時期、強い風や場合によっては雪に見舞われるなど天候との戦いも重要となってきそうだ。

特に今年は日本海側の悪天候が多く、まずは無事に開催が行われることを祈りたい。

開催日時

2月7日(日)から2月12日(金)までの6日間

優勝賞金

450万円

注意事項

現在、ボートレース三国では新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、来場の際にはマスクの着用や入場の際の検温、手指の消毒をお願いしている。また、混雑の予想される際には入場制限を行う場合もあるようだ。

また、一般席・指定席と共に座席数の縮小や手荷物の預かりができないなど制限もある。体調の優れない場合や、長距離を移動しての現地観戦は行わず、インターネット等の活用をお願いしたい。

【G1】「第64回 近畿地区選手権」ドリーム戦

続いてドリーム戦出走予定選手を紹介していく。

荒波ドリーム 初日(2/7)12R 枠順

荒波ドリーム 初日(2/7)12R 枠順

出典:ボートレース三国公式サイトより

コース 登録番号 選手名 支部
1 3388 今垣光太郎 福井
2 4168 石野貴之 大阪
3 3721 守田俊介 滋賀
4 3557 太田和美 大阪
5 4290 稲田浩二 兵庫
6 4391 松田祐季 福井

波の花ドリーム 2日目(2/8)12R 枠順

波の花ドリーム 2日目(2/8)12R 枠順

出典:ボートレース三国公式サイトより

コース 登録番号 選手名 支部
1 3854 吉川元浩 兵庫
2 3415 松井繁 大阪
3 4013 中島孝平 福井
4 3780 魚谷智之 兵庫
5 4061 萩原秀人 福井
6 4262 馬場貴也 滋賀

【G1】「第64回 近畿地区選手権」注目レーサー

今垣光太郎(いまがき こうたろう)

今垣光太郎

初日のドリーム戦で1枠を務めるのは地元の雄·今垣光太郎選手だ。これまでSG9回の優勝を含め華々しい経歴を持つ。しかし、昨年は地元のお盆シリーズの優勝のみと寂しい結果に。

それでも当地で開催のボートレース甲子園でも優出を果たすなど、あと1歩のシーンはあった。来月の三国周年も含め地元G1から今年の活躍を誓う。まずはドリーム戦の逃走だ。

中島孝平(なかじま こうへい)

2010年の賞金王決定戦や2018年のボートレースオールスターを制している地元の中島孝平選手。2019年は後半低迷し、2020年前半はA2降格も経験した。

しかし、年間14優出3Vと奮起した昨年。まずは昨年出場ならなかったSGへの復帰を目指したい。現在、地元戦では5連続優出中で全てが舟券入り。今大会で一気に頂点を狙う。

萩原秀人(はぎはら ひでと)

萩原秀人

毎年コンスタントに優勝を重ねている萩原秀人選手。2019年のSGグランドチャンピオンでは準優勝であと一歩まで迫った。

当時の舞台は当地と同じ、水質が淡水の多摩川。堅い水質でより力を発揮できる。昨年の正月シリーズも制しており、気温が低く荒れる冬の三国でも安心だ。

意外にもこれまでG1優勝は1度のみ。昨年16優出の安定感でシリーズの中心を担う。

太田和美(おおた かずみ)

太田和美

昨年の近畿地区選手権を優勝した太田和美選手。過去には2005年にも当地の地区戦を優勝する他、2010年、2016年と周年を制しているなど5回の優勝歴がある得意水面だ。

直近では昨年10月にも優勝を果たしている。SG7Vを誇る選手だが、ここ数年は準優止まりが多くなっている。得意の水面での活躍で今年再び頂上決戦へ戻るための一歩としたい。

吉川元浩(よしかわ もとひろ)

一昨年のSG連続制覇、昨年のクラシック連覇と近年再び輝いている吉川元浩選手。今年はクラシック3連覇という偉業に向けて今からリズムを上げていきたいだろう。

当地は連続優出中で、前々回の66周年では4コースまくりで優勝も果たすなど地元を除けば最多タイの優勝回数を誇る水面だ。

今年こそ賞金ランク独走へ向けて地区戦制覇を目指す。

魚谷智之(うおたに ともゆき)

魚谷智之

昨年は1月の宮島で久々の優勝を果たすと、3度の優勝を記録した魚谷智之選手。長かったトンネルを抜け出しつつある。さらに春先の3月の琵琶湖G2や尼崎周年とグレードレースでも優出した。

1年半以上当地の出走はないものの、2006年、2007年と続けて当地のG1を制しており、感覚さえ取り戻せばあっさりと制する実力は十分にある。

再びの黄金時代へ向けまずは地区戦制覇を。

【G1】「第64回 近畿地区選手権」豆知識

滋賀の誇る3名のトップレーサー

ダービー2勝の守田俊介選手、支部長でSG2勝の馬場貴也選手、さらに売り出し中の若手·丸野一樹選手と滋賀支部の誇るトップ3が揃って参戦。

まずは守田俊介選手。
2018年から順に8.9.9回の優勝と実に好調だ。2019年には19歳差の森田太陽選手と結婚し公私共に充実している。当地でも10回優勝と地元に次ぐ2ケタのVがある。

2018年に34歳で支部長に就任している馬場貴也選手はその年のチャレンジカップでSG初優勝。さらに2019年のグランプリシリーズでも優勝と艇界屈指のスピードターンでファンを魅了している。枠不問で道中の追い上げは脅威となるだろう。

この2選手以上の強烈ターンを繰り出すのは丸野一樹選手。既に今年の尼崎周年を制しており、これで3年連続のG1制覇。1マークや道中のターンスピードは今年以降数々のビッグタイトルの獲得さえ期待させる。今年でまだ30歳になると言うのだから驚きだ。SG2冠の2選手とそれをも上回る勢いの若武者。滋賀支部からは3選手に期待をしたい。

地元一丸で「ガンバリマス」

吹き荒れる風と波立つ水面。さらに雪の可能性まであり、他地区選手には難しい状況となることも。そうなれば地元選手への期待は増してくる。

ベテランの石田政吾選手はインタビューの最後で「ガンバリマス」と一言だけ発することがお馴染み。近年では一般戦の活躍が目立つが、2001年のオーシャンカップでSG優勝も果たしている。

ドリーム戦選出の松田祐季選手は地元勝率7点を超えて通算では42回の優出14Vと抜けた成績を残している。昨年11月の戸田では7連勝を含む8勝で優勝するなど勢いがつくと止まらない。

武田光史選手に中辻博訓選手、松村康太選手も地元水面のG1で気合いが入る。総勢8人の福井勢で他支部を迎え撃つ。

ハイレベルの若手たち

4500番以降でもトップクラスの選手が今節集うこととなった。

前述の丸野選手を筆頭に、昨年SG初優出の高野哲史選手、グランプリシリーズでSG優勝戦1枠を経験している木下翔太選手。前節で圧巻の走りを見せた山崎郡選手。

ハイレベルの大阪勢でもA1としている上條暢嵩選手や上田龍星選手といったように、どの選手にもタイトル獲得の可能性はある。

クラシックの権利を持つ選手が少ないだけに、若手選手が優出してきた際には注目だ。

ボートレース三国の特徴

基本データ

所在地:福井県坂井市三国町池上80-1
開場:1953年04月14日(昭和28年)
電話投票コード:#10
モーター:ヤマト331型(交換時期:4月頃)
ボート:ヤマトYM-730型(交換時期:4月頃)
開催:デイレース
水質:淡水
干満差:なし

ボートレース三国の水面特性

ボートレース三国の水面図

出典:ボートレース公式サイトより

福井県坂井市に位置し、北西から南東方向に長方形のプールとなっているボートレース三国。直線距離にして3キロほどの位置には日本海が広がっている。

夏場は海からの風が、冬は北西からの季節風でスタート方向に対し追い風が吹く。1マークのホーム側は45mとなっており、これは広いという声の多い浜名湖や蒲郡よりさらに広い。そのため内側も余裕ある幅をもって旋回出来ることや、外からの仕掛けが届かないためにセンターより内の選手に有利となっている。

また、2マークではコンクリートによる護岸がされているため引き波が残りやすく、思わぬ逆転が見られることも。1コースの成績は52.5%とはなっているが全国的に見て中間よりやや下の順位だ。一方で2.3コースに関しては他場と比較しても高い成績を誇っており、中でも3コースの勝率に関しては過去1年で戸田以上の数字を残している。

やはり追い風が中心とあって、内側での決着が主体となってくるように思える。穴パターンも内側での順番の入れ替わりに期待したボックス買いなどを活用したい。加えて3着などに当地の風を知る地元選手あたりを絡めておくのがベターだろう。

【G1】「第64回 近畿地区選手権」まとめ

G1·近畿地区選手権

SG覇者も多い近畿地区選手権。例年レベルの高い戦いが期待される。強風も含めて天候に左右され、意外な選手が勝ち上がることも考えられる。近畿地区からはどの選手がクラシックへの最終切符を勝ち取れるのか。

また、あれから1年。(内容についてはここでは伏せておく。)どうか事故なく近畿地区選手権が最終日、最終レースまで終えることを祈っている。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 展望

    「第48回 ボートレースオールスター(SG)」展望

    ボートレースオールスターとは 概要 競馬では有馬記念や宝塚記念。競輪やオートレース、野球界でも用いられてるファン投票による夢の祭典。そもそもは1955年にボートレース児島で開催された全国地区対抗競走が発端とも言える。 1 […]

  • チャレンジカップバナー画像
    展望

    【SG】「第23回チャレンジカップ」展望

    チャレンジカップとは 1990年代には売上が2兆円規模に迫っていたが、その後1兆円を下回るなど売上が低迷していたボートレース。 グランプリに繋がるレースを制定し売上の打開策とするため1998年に第1回大会が開催された。 […]

  • 四国地区選手権
    展望

    【G1】「第64回 四国地区選手権」展望

    四国地区選手権とは 概要 四国地区である徳島支部、香川支部の2地区2場の選手によって争われる競走。開催場は持ち回りで、四国地区では2場が基本的には交互に行われている。 今年は2年続けての丸亀開催だが、これは同時に行われる […]

おすすめの競艇予想サイト

競艇最新コラム

競艇人気コラム(本日)

▲ PAGETOP