「SG 第69回 ボートレースダービー」展望

/
コラム

ボートレースダービーとは

概要

SG競走の1つ。2013年までは「全日本選手権」の名称で開催されていたが、当時も「ダービー=全日本選手権」と認識しているファンは多い。

2014年より現在のボートレースダービーという通称で開催されている。格式の高い5つのSG競走を示す「GRANDE5」にも含まれている。

優勝者には優勝旗の他、ダービージャケットが贈られ、この大会を優勝することを最高の栄誉として目標とし選手になるものを少なくない。

出場選手は前年の8月1日から当年の7月31日までの勝率上位の者と前年度覇者、前年度のグランプリ優出選手、直前のSGであるボートレースメモリアルの優勝者となっている。

10月末や月またぎで11月頭の開催となっており、この大会での結果によって11月末に行われるチャレンジカップの出場選手が確定すると言っても過言ではない。

開催時期が期末や年末への勝負どころに差し掛かっていることもあり毎年激戦・死闘が繰り広げられている。予選ラストや準優での勝負がけでは火花散る戦いとなるだろう。

開催期間

期間は10/25(火)〜10/30(日)までの6日間

優勝賞金

優勝賞金3900万円

「SG 第69回 ボートレースダービー」 ドリーム戦

初日(10/25)第12R ドリーム戦 枠番

出典:ボートレース常滑

1 4238 毒島誠 群馬
2 3941 池田浩二 愛知
3 4444 桐生順平 埼玉
4 4205 山口剛 広島
5 4050 田口節子 岡山
6 4586 磯部誠 愛知

「SG 第69回 ボートレースダービー」 注目レーサー

池田浩二(いけだ こうじ)

池田 浩二

出典:https://www.boatrace.jp

常滑のビッグレースならばもちろん池田浩二選手の名を最初に挙げる。

地元ならば優出率は50パーセントを超えるという選手が全国各地にいるが、池田選手は常滑での優出率が66.6%と2/3としている。

通算勝率でも8点を超えており、デビュー間もない頃を考えるととてつもない数字を残している。残すビッグレースは今節と次節の2度のみ。

賞金面でもグランプリの2nd発進を狙えるだけに優出以上がスーパースターに課せられたノルマだ。

磯部誠(いそべ まこと)

磯部誠

出典:https://www.boatrace.jp

常滑の大スターを師匠とする磯部誠選手は池田浩二選手と共にドリーム戦から出場。

地元水面では常に成績を残してくるタイプであり、デビューからの通算勝利は常滑が最多となっている。

ドリーム戦を外枠で消化できるのも大きなメリットであり、勝ち方を知る地元水面ならば大仕事を成し遂げることも十分ありえそうだ。

毒島誠(ぶすじま まこと)

毒島誠

出典:https://www.wmb.jp

今大会の選考期間内で勝率トップの毒島誠選手。

ボートレースダービーは予選突破すらならない時期が続いたが、2019年の第66回大会(児島)を優勝すると、続く第67回大会でも準優勝と活躍している。

毒島選手の連続SG出場の最後となる今シリーズは年末に向けても最後の賞金加算のチャンスとなる。

優勝戦で上位着ならばグランプリ2ndからの出場も視野に入るだけになんとしても結果を残したい。

桐生順平(きりゅう じゅんぺい)

桐生順平

出典:https://www.wmb.jp

近況は福岡、尼崎、児島と周年で優出を重ねる桐生順平選手。

SGではオーシャンカップでの優出3着のみだが、着実に賞金を積み重ねてきた。今回の舞台である常滑は久々の出場となるが、近況の充実ぶりを考えれば今節でも十分期待ができそうだ。

賞金ランクは11位だが、今年の混沌とした賞金争いではまだまだ上積みを狙っていきたい。

瓜生正義(うりゆう まさよし)

瓜生正義

出典:https://www.wmb.jp

常滑で度々注目される瓜生正義選手は他地区選手でありながら当地に強い。

初のG1制覇となったのが常滑周年(当時はマーメイドグランプリ)で、2019年のオーシャンカップでも優勝。

今年3月に行われた68周年でも準優勝を挙げる相性のいい水面だ。今月の琵琶湖・平和島周年でも連続優出と勢いも十分。

こちらもグランプリ圏内にいるとはいえ安心できない差だ。

山口剛(やまぐち つよし)

出典:https://boatrace.jp

SG優勝なしによもやの賞金トップに立っている山口剛選手。

12年ぶりの賞金王決定戦出場はおろか2nd発進となることが現実味を帯びてきた。

ただし、例年とは異なり2位の原田幸哉選手とは約100万円差、3位の馬場貴也選手とも約340万円差と優出どころか特別選抜戦の結果でも順位の変わる可能性がある。

グランプリ1枠発進に向け勝負どころだ。

「SG 第69回 ボートレースダービー」 注目モーター

モーター

60号機(9/26 優勝戦1着)

山崎裕司選手が絶望的な展開を跳ね除け準パーフェクトVを達成したモーター。

1マークまでに好スタートを決めた柳生泰二選手に絞られるも抵抗。開いた懐を展示タイムトップの前田滉選手に迫られるも振り切る。

伸び返しに舟の向き、出足の強さと総合力で光る。

15号機(10/3 優勝戦1着)

戦績や連対率では目立つものではないか柳沢一選手が優勝に導いたモーター。

鈴木幸夫選手の前づけもありながらスリット付近の足は軽快にトップスタート。3月の周年でも是澤孝宏選手が予選4位かつ節間オール3連対と活躍した例もあり素性は数字以上。

24号機(10/16 優勝戦2着)

近況では3度の優出と好調モーター。優勝戦ではスリットでインにプレッシャーを与え、あと一歩で食い込む惜しい内容。

しかし競り合いでも負けない行き足と出足は目を引くもの。優出7回と安定感もあって注目している。

「SG 第69回 ボートレースダービー」 豆知識

連覇へ 2度目の制覇へ ダービー覇者たち

今節では10名以上のダービー覇者が参戦している。歴代最多は今村豊元選手と今節出場の瓜生正義選手の3回制覇。

これを追う守田俊介選手も今節出場だ。また近年優勝した深川真二選手、深谷知博選手、毒島誠選手に昨年の覇者で今節は地元の平本真之選手が出場。

賞金面でも勝負がけとなる平本選手には連覇の期待も含め注目の選手となる。

コース取りから熾烈

ボートレースダービーではベテラン勢の前づけにも気をつけたい。

SGは様々な選考基準があるが、ボートレースダービーは基本が勝率のみでの選考。

そのため、G1優勝やSG優出には届かなくとも着実に結果を残してきたベテラン選手が出場してくることが多い。ベテラン勢の前づけは展開にも大きな影響を与える。

今節ならば江口晃生選手と深川真二選手の2名のコース取りからは目が離せない。その他にもコース取りで動く選手は多数となるため、スタート展示にも注目だ。

賞金争いの行方


今年はSG優勝のない山口剛選手がこの時期まで賞金ランキングトップとなっている。

これはボートレースクラシック開催前までの序盤とは異なり異例の事態。グランプリ出場に向けてもチャレンジカップ出場に向けてもかなり凝縮された順位構成と言えるだろう。

ここではそれぞれに向けここが勝負のメンバーを紹介したい。

瓜生正義
磯部誠
上條暢嵩
中島孝平
丸野一樹

井口佳典
関浩哉
前田将太
篠崎仁志
深谷知博

このあたりがボーダー18位の前後となる。現在が5500万円前後であり、最終的には6000万円台前半の攻防となるか。
またチャレンジカップでは

福来剛
上野真之介
魚谷智之

この3選手のジャンプアップに期待したい。チャレンジカップに出場が出来ない選手を考えれば40位や4500万円あたりが目安となる。

ボートレース常滑の特徴

基本データ

所在地:愛知県常滑市新開町4-111
開場:1953年(昭和28年)7月10日
電話投票コード:#08
モーター:ヤマト331型(交換時期:12月頃)
ボート:ヤマトYM-730型(交換時期:7月頃)
開催:デイレース
水質:海水
干満差:なし(前検日の干潮で締め切られレース時は海と遮断されている)
チルト角度:-0.5、0、+0.5、+1.0、+1.5、+2.0、+3.0

ボートレース常滑の水面特性

ボートレース常滑水面図

出典:ボートレース公式サイトより

ボートレース常滑は愛知県常滑市にあるボートレース場。かつては全国屈指の2コースが厳しい水面であり、選手のなかでも苦手とする選手は多くいたのだが、現在では幾分良化してきている。

水面は伊勢湾の東に位置しているが、開催中は外海との境を水門で隔てているため、干満の差は気にするほどない。

インの1着率は全国10位と平均以上。56.6%あるため、きっちりとした先マイすれば十分に逃げられる数字だ。

この他では4.5コースの選手が全国的に見ても好成績。特に5コースは1着率が前後4位、3連対率は2位とかなりの数字を残す。SGでも外からのまくり差しには注目したい。

「SG 第69回 ボートレースダービー」まとめ

出典:ボートレース常滑

グランプリへ、チャレンジカップへ向け最後の戦いが始まる。

1つの順位が大きく今年の年末を左右することも考えられ道中の戦いもかなり熾烈なものとなるだろう。

残り2ヶ月となった今年のボートレース。ひとつ目の運命の分かれ道を制する者はだれだ。

SGで穴予想を毎日提供!

ボートレースダービー開催中の6日間限定予想を公開→続きはこちらをタップ

 

フネログ推奨 競艇予想サイトランキング

【1位】トリプルクラウン 勝 算:★★★★★ 価 格:★★★★★ 安全性:★★★★★ 総合評価:★★★★★ 検証レポート無料会員登録
【2位】競艇GOLD 勝 算:★★★★★ 価 格:★★★★ 安全性:★★★★★ 総合評価:★★★★★ 検証レポート無料会員登録
【3位】競艇エキスパート 勝 算:★★★★★ 価 格:★★★★ 安全性:★★★★★ 総合評価:★★★★★ 検証レポート無料会員登録

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

  • 四国地区選手権
    展望

    【G1】「第64回 四国地区選手権」展望

    四国地区選手権とは 概要 四国地区である徳島支部、香川支部の2地区2場の選手によって争われる競走。開催場は持ち回りで、四国地区では2場が基本的には交互に行われている。 今年は2年続けての丸亀開催だが、これは同時に行われる […]

  • 峰竜太
    コラム

    競艇選手のYouTubeチャンネル【YouTuber】

    テレビに負けず劣らずの市民権を得つつあるYouTube。TwitterやインスタグラムなどのSNSを使っている競艇選手は少なくないが、今回はYouTubeにて動画を配信しているレーサーで兼Youtuberを紹介していこう […]

  • オーシャンカップ
    展望

    「第25回オーシャンカップ」展望

    オーシャンカップとは オーシャンカップとは、ボートレースのSG競走(最高峰のクラスに位置する競走)のひとつ。正式名称は「海の日記念 オーシャンカップ競走」。 同レースは1996年(平成8年)に祝日に加わった「海の日」を記 […]

おすすめの競艇予想サイト

競艇最新コラム

競艇人気コラム(本日)

▲ PAGETOP