競艇予想サイト「競艇ロックオン」は、これからの成長に期待したいサイト!

今までの負け分を捲り差す!
lockon

総合評価:★★★☆☆

この記事は2021年7月に出来た新規競艇予想サイト「競艇ロックオン」についての検証記事だ。

新しいサイトが出来ては消えるを繰り返している競艇予想サイトだが、競艇ロックオンは果たしてユーザーの支持を得られる予想サイトなのか?

今回も、最近ボートレースを始めた人からすでに歴の長い人まで、予想サイトを使うにあたり、そのサイトが安全かどうかを実際に利用して検証し、レポートとしてまとめていく。

「競艇ロックオン」サイト概要

運営会社情報

まずは「競艇ロックオン」を運営している会社情報から見ていこう。

運営会社 競艇ロックオン事務局
所在地 東京都渋谷区神宮前6-23-4 桑野ビル2F
運営・販売責任者 青木康介
電話番号 03-4500-9735
メールアドレス help@lock-ontei.com
販売方式 ポイント制
ポイント単位 1pt = 100円
支払い方法 ・銀行振込み
・クレジットカード決済
・コンビニ決済(ビットキャッシュ)
支払い期限 前払い制
ドメイン取得日 2021年05月18日
IPアドレス 103.253.189.240

 

記載抜けはひとまず無いようだが、記載内容は一応しっかりと調べておきたい。

記載の住所はバーチャルオフィスを扱うレゾナンスという会社がもつ住所であった。

バーチャルオフィスは個人事業やフリーランスでも利用できるものであり、最近ではこういった格安でオフィスを持てる時代となっている。特に問題はないが、今後の予想サイトの住所に多くあらわれそうな予感がしてならない。

なお、ドメイン取得日は2021年05月18日とまだ2か月ほど出来たばかりの新規サイトということだろう。

実際にサイト内に記載されている「特定商取引に基づく表記」はこちら。

特定商取引に基づく表記

登録特典

無料情報
10,000円分のポイント付与

退会方法

サイト内「お問合せ」から「退会希望」とご連絡下さい。

「競艇ロックオン」登録前のサイト内容をチェック

競艇ロックオン

外観

まずは外観。見た目の印象としてはデザイン性にも優れ、非常に際立った外観。個人的にはツボ。

ただ、注意しておきたいのはデザインが良いだけで競艇で勝てはしない。ログイン後、突如高級感が薄れるケースもよくある。

このケースにおいてはこれまでも悪質サイトのケースが多かったため、そういう視点でも注視しておきたい。

サービス内容・アピールポイントをチェック

では、競艇ロックオンはどういったサイトなのか、登録前のページに書かれている詳細、アピールポイントをチェックしていこう。

競艇ロックオンのデータ班

競艇ロックオンのデータ班

競艇ロックオンでは天気予報のように、過去の統計データから無駄な買い目を省くことができると主張。それほどまでにかかえる統計分析チームに自信があるようだ。

しかし、一見強気なアピールに思えるが、これは非常に危険な点

たしかに統計データは限りなく可能性の高い買い目を洗いだすには有効なデータ。しかし、競艇ロックオンは「それだけで無駄な買い目を8割は消せますよ」と言っているように、統計データだけでハナから買い目を絞ってしまっているようだ。

これでは、統計データをすり抜けるような展開予想から見いだせる買い目を逃してしまうことにりかねない。

競艇ロックオンのモーター班

競艇ロックオンのモーター班

競艇ロックオンには各会場の全モーターを徹底的に追う機械工学専門チームがいるようで、機械工学の博士号をもっているとのこと。

しかし、どうだろうか。モーターはたしかに機械ではあるが、その機械工学の専門分野の見解が果たして舟券の的中に繋がるのだろうか?

これならば、どんなモーターの傾向が舟券に繋がりやすいかを熟知した競艇を長年見ているベテランの方がはるかに有益だろう。

競艇ロックオンのレーサー班

競艇ロックオンのレーサー班

競艇ロックオンでは全競艇場の大物予想師・フリー競艇記者との独自情報ネットワークがあるとのこと。

ここでひとつ疑問だ。

本当にこのネットワークがあるのであれば、先ほどのモーター班は必要ないのではないだろうか?

統計データは別部門にするのはまだしも、モーターとレーサーに関する分析はこのレーサー班だけで事足りる上に、精度も高いように思える。

どうもアピールすることに重きを置きすぎて、大事な要所を抑えきれていないように思えてならない。

「競艇ロックオン」サイト内部を検証

実際に会員登録

まずは競艇ロックオンに実際に登録をする。

競艇ロックオン

LINEからの登録しか受け付けていない

競艇ロックオンではLINEによる「友だち追加」のみで登録が完了するというもの。

メールアドレスやYahoo、Googleアカウントなどからの登録が出来ないのはいささか不便であり残念な点だ。

ログインする

登録が完了したら、いよいよログインだ。

ログイン後画面

ログイン後、左メニュー内にIDと所持ポイント数が表示されている。

初回登録特典として、登録と同時に100ポイントがキャンペーンとして付与されるため、100ptが表示されていれば正常だ。

競艇ロックオンのコンテンツ情報

有料コンテンツ

競艇ロックオンでは、以下のプランが用意されている。

有料コンテンツ

有料コンテンツ

プラン名 提供レース数 提供点数 参加費用 目標金額
お試し 3連単1レース 10点以内 150 pt 5万円以上
ロックオン予想 3連単2レース 2~10点 300~600 pt 15~50万円以上
厳選プランイースタン 3連単2レース 10点以内 750 pt 65万円以上
厳選プランウエスタン 3連単2レース 10点以内 750 pt 65万円以上
厳選プランオールスター 3連単2レース 10点以内 1100 pt 80万円以上

 

プラン数は大きく分けて5つ。

ロックオン予想だけは各地域別に日ごと予想が公開され、その中から欲しい情報を個々に買う、といった感じのようだ。

参加費用は高い?安い?

全体を通してリーズナブルであり、悪質サイトによく見られる参加費用50万円などの高額情報もないため、比較的まともな設定。

ただ、参加費用に対しての目標設定額が、5~8倍あたりと他の予想サイトの設定に比べて少し低めの設定。

しかしながら、これに関しては、的中してこそ意味のある数字であるため、5~8倍でも参加費用を差し引いて充分に利益にはつながることから、的中率が高いのであれば参加費用のリーズナブルさからこれでも十分許容範囲内、という線もあり得る。

無料コンテンツ

提供ペース 毎日(デイ・ナイターの計2回)
提供レース 3連単1レースずつ
想定投資額 1万円
買い目数 12点以内
目標額 なし

 

目標額は設定されていなかったが、想定投資額が1万円で買い目数12点ということであれば、大体10倍を超える配当出なければ現実性はない。

このあとの実際の予想の検証ではそのあたりも確かめておきたい。

「競艇ロックオン」実際の予想情報を検証

競艇ロックオンの無料予想を検証

それでは、お待ちかねの競艇ロックオンがどんな予想を提供しているのか、ここからは実際に提供された予想情報をもとに検証をおこないたい。

以下がこちらで収集した実際の情報の画像と、その結果だ。

7月27日(デイ) 無料情報

7月27日デイの無料情報

びわこ5R 1-2-6 9.4倍 的中

的中だが、舟券にかかった金額は1万円、払戻が9400円ということでトリガミかつ赤字

狙いとしては、イン白神の鉄板視、そして相手に②高橋絡み。どちらもしっかり想定通りの展開ではあったものの、配当が追いついてきていない。

これならば1-2-6の投資額は1500円設定にする方がまだいいだろう。

7月27日(ナイター) 無料情報

7月27日ナイターの無料情報

桐生6R 1-4-6 11.7倍 的中

これまた的中。今度も舟券代は1万円ではあったが、払戻は1万7550円であり、収支的にも申し分なし。

初日は赤字ではあったものの、何よりここまですべて的中しているという安定感は良い

ただ、たまたま連続的中の日に検証しているだけという可能性もあるため、もう少し無料検証を続ける。

7月31日(デイ) 無料情報

7月31日デイの無料情報

びわこ5R 1-5-3 8.3倍 的中

3日目も的中。

かなりガチガチの配当ではあるものの、推奨投資額が3500円と厚めの推奨をしていたため、払戻額は2万9050円。無料予想としては十分すぎる利益と言えるだろう。

買い目としては3頭BOX。ここまで1号艇の頭軸を勧めていながら、ここへきて3艇でのBOXということでかなり無駄のないスタイリッシュな予想を提供しているものとみえる。

低い配当ではあっても、買い目からそのセンスは感じ取れる

8月1日(デイ) 無料情報

8月1日デイの無料情報

常滑5R 1-3-2 7.7倍 的中

驚きの検証4連続的中。ただ、今回もかなり安めであったため、利益は微々たるもの。

ただ、ここまでの4レースの中で、提供している買い目の中の一番安い配当の買い目が来てしまっているだけであり、展開ひとつでもっと配当の良い買い目になる事も紙一重であることは間違いない。

予想している人間はなかなかやり手だ。

8月1日(ナイター) 無料情報

8月1日ナイターの無料情報

桐生6R 4-5-1 82.9倍 ハズレ

今回の検証で初めての不的中

①⑤を本線とした買い目で、来たのはその①⑤とそれを捲くっていった④できまったことから、買い目としてはそう見当違いな展開読みでもないことがわかる。

ここまでの5レースで競艇ロックオンの予想スキルは大体把握できたと見ていいだろう。

競艇ロックオンの予想情報 総括

トータル収支
↓↓↓↓↓
情報料 0円
舟券合計額 50,000円
払戻合計額 67,550円
差額 +17,550円
回収率 135.1%

的中数4本に対して利益は思ったほどでていないが、これはあくまでも無料予想。

有料情報の目安にもなる無料予想で、これだけの回収率と的中精度があれば、充分及第点と言えそうだ。

ただ残念なのは、このサイトもまた展開予想の文章が書かれていない

競艇ロックオンの予想買い目は、これまでに悪質予想サイトと銘打ってきたサイトとは違って、買い目にもプロの要素は多々見られる。

少なくとも素人が予想しているような感じではないのがわかっているだけに、展開予想文が書かれていないのは実に残念である。

展開予想文がないだけで、あらゆる悪い可能性も疑われてしまうことも懸念されるため、できれば実装させた方がよいのでは?と個人的には率直に思う。

「競艇ロックオン」実際の口コミ

レビュー

ネットで口コミを調査したところ、色々な口コミを見つけたので一部を引用して紹介したい。

早速稼がしてもらいました
ロックオン九州で37万ゲッツ!
30万回収はでかいんじゃない
どうせだったらSGでやってほしかったわ
LINE友だち登録しなきゃならないってのがねぇ。
自分は気にしないからやっちゃったけどね。
LINE嫌なら無理に登録しなきゃいいと思うよ。
無料が、調子良かったから
有料関東ロックオンをやった
担当が期待大とかいうからやったけど
普通に外れた
もうやらない
この手のは最初が大事なんや

無料予想の的中率が高かったため、有料情報にも少し期待していたのだが、口コミを見るとやはりそれなりにばらつきはありそうだ。

まだ新設でできたばかりということもあり、これからの可能性は十分感じつつも、現時点では「中の下」くらいの評価あたりなのかもしれない。

あとやはりLINE登録に抵抗がある人もわりといるようだ。

「競艇ロックオン」徹底検証まとめ

競艇ロックオン

今回は競艇予想サイト「競艇ロックオン」を実際に調査、検証してみた。

検証結果として良かった点・悪かった点を以下にまとめた。

良い点

サイトデザインは◎
初回登録時に1万円分のボーナスポイントがもらえる
無料情報が毎日2レース提供で、的中率はそこそこいい
有料情報は比較的リーズナブル

悪い点

無料情報は当たっても低配当のケースが多め
予想内容に展開予想文章が書かれていない
LINEでしか登録ができない

結論

結論としては、競艇ロックオンは可もなく不可もなく、これからの成長に期待したいサイトと判定したい。

現時点で断言できるのは、ひとまず悪質サイトではないだろう。

というのも、展開予想文章はなかったものの、買い目からはしっかり展開を読んで買い目が作られていることが読み取れた。

つまり、ある程度、競艇をやってきた人間が予想をしているということだ。ただできればそれでも展開予想文章はあった方が良いが…。

あとはとにかく、回収率の大幅な改善が今後の課題になるだろう。

的中率は良いものの、今の回収率では投資のリスクも大きく、なかなか手応えも感じられない。有料情報でならそのあたりは改善されているかと思ったが、口コミをみると今度は回収率は良くなっているが、的中率にムラのある模様。このあたりの精度を高めていくのが、今後の優良サイトになれるかどうかの分かれ目になりそうだ。

この検証レポートが予想サイト選びの参考になれば幸いだ。

運営会社情報

サイト名
競艇ロックオン
サイトURL
https://lock-ontei.com/
運営会社
競艇ロックオン事務局
所在地
東京都渋谷区神宮前6-23-4 桑野ビル2F
運営責任者
青木康介
メールアドレス
help@lock-ontei.com
電話番号
03-4500-9735

口コミ一覧

現在クチコミの投稿はありません。

口コミ投稿フォーム

「競艇予想サイト「競艇ロックオン」は、これからの成長に期待したいサイト!」の公式サイトをチェック!

おすすめの競艇予想サイト

競艇最新コラム

競艇人気コラム(本日)

▲ PAGETOP